読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大倉山鍼灸院のクマのブログ

東横線の大倉山にある小さな鍼灸院で営業部長をしております。

クマの悩み

その他

こんにちは。

大倉山鍼灸院のクマです。

 

クマなりにぼちぼちブログを書いているなかで、

院長先生に東洋医学とか鍼灸とかアレコレ聞きに行くことがあるんですが、

なかなか理解が進まないことがあって

頭が良くないってわかってはいるんですが落ち込むこともあるんです。

クマなりに。

 

そんなとき、院長にこんなこと言われました。

 

「頭が悪いってわかってるだけ一つ知識が多いわけだから、

頭が悪いとも言い切れないんじゃない?

本当に頭の悪い人は、自分がそうであることに気が付いていないもんだよ。」

 

なんだか騙されてるような気がしないでもないですが、

一つだけ知識の多いクマは

もうちょっと頑張ってみることにしました。

 

そんな院内風景。

院長と二人、またがんばります。

明日から(おい)。

 

大倉山鍼灸院の情報はコチラ

www.shinq-ookurayama.com

 

大倉山鍼灸院 営業部長 クマ

 

刺さない鍼

大倉山鍼灸院

こんにちは。

大倉山鍼灸院のクマです。

 

たまにこんなこと言われることがあります。

鍼ってなんだか痛そう、刺さないで治ったらいいのに。

 

そんなこと言われても、

世の中そんな都合良くできてないですよって、

院長に愚痴ったら、

 

院長:「刺さなくても治るよ。」

クマ:「またまた、ご冗談でしょう?エイプリルフールなら、とっくに終わってますよ。」

院長:「テイシンを使えばいいよ。」

クマ:「テイシン・・・あ、ああ。その手がありましたか・・・なるほど(なんだそれ?)。」

 

というわけで、今回は刺さない鍼についてご紹介します。

も、もも、もちろん知ってましたよ。

営業担当ですよ。私。クマですけど。

 

まずは、どんな感じかというと

f:id:shinqkuma:20170414105300j:plain

こんな感じ。

鍉鍼(ていしん)という名前です。

材質はアルミ、金、銀、銅、チタンなどの金属製で、

大きさや形も様々あります。

材質や形などで効果が変わりますので、

目的に合わせて使い分けます。

大倉山鍼灸院では主にチタン製を使用しています(写真のもの)。

(大きさ比較にタバコではなく、モバイルwifiを置くあたりがイマドキです。)

 

とがっている方も丸くなっています。

刺さることはありませんので、痛みもありません。

刺すというより押すといった感じでしょうか。

さすったりもします。

 

通常の鍼に比べて皮膚への刺激が弱いので、

鍼に敏感な方や、お子様にも使うことができます

 

ただの金属の棒じゃないのか・・・。

こんなので本当に治るの?

そんな声が聞こえてきそうです。

 

ただの棒に見えますが、実は・・・。

 

ただの棒です。

材質とかシェイプとか、あてる角度や強さなど

そういうところがポイントではありますが、

だたの棒です。

 

つまり鍼灸師の腕の見せどころです。 

(ハードルあげておきましたので、院長先生がんばってください。)

 

こんなので本当に治るんでしょうか?

考えていても、わかりませんよ。

百聞は一見にしかず

って誰かが言っています。

ぜひ一度、鍉鍼(ていしん)を体験してみてください。

 

ではまた。

 

大倉山鍼灸院の情報はコチラ

www.shinq-ookurayama.com

 

 大倉山鍼灸院 営業部長 クマ

 

 

 

 

もっと気軽に鍼灸を

大倉山鍼灸院

こんにちは。

大倉山鍼灸院のクマです。

 

突然ですが、

特に体調が悪くないのに病院行きますか?

健康診断とかそういうことではなく。

 

医師今日はどうされました?

患者「いや、別にどこも悪くないです。」

医師「はぁ・・・。」

 

こんな会話、なんかおかしいですよね。 

患者さんが怒られてしまうかもしれません。

場合によっては、

心療内科の受診を勧められてしまったり、

なんてこともあるかもしれません。

 

それが、鍼灸院だと

鍼灸師今日はどうされました?

患者「いや、別にどこも悪くないです。」

鍼灸師そうですか、では脈を診させてください

 

という会話になります。

 

その後は、舌の状態や、お腹の状態を診たり

日常の生活について聴いたり、

世間話をしたり、愚痴を聴いたり・・・

このあたりは担当の先生によって様々ですが

共通して言えるのは、

どこも悪くないといっても治療が成り立つということです。

 

なぜって、

東洋医学には「未病を治す」という考え方があるからです。

病気になる前に、病気にならないように治療をするということです。

 

ストレスの多い現代社会において

自覚的に症状がなくても

身体の中の様々な機能のバランスの乱れは誰にでもあることです。

 

このバランスを整えておけば病気になりにくくなる

ということなんです。

 

この未病治の考え方を、予防医学的な観点から

健康診断や人間ドックに組み込もうという

流れも一部にあるようです。

 

つまり、

健康維持や病気の予防に

東洋医学がお役に立ちます。

 

どこも悪くなくても、

鍼灸院にお気軽にお越しください。

ということです。

 

クマが待合室で皆様のお越しをお待ちしております。

f:id:shinqkuma:20170403154938j:plain

 

大倉山鍼灸院の情報はコチラ

www.shinq-ookurayama.com

 

大倉山鍼灸院 営業部長 クマ

 

あ、私クマは頭が悪いといわれるんですがコレ治るでしょうか?院長に相談してみよう。