大倉山鍼灸院のクマのブログ

東横線の大倉山にある小さな鍼灸院で営業部長をしております。

その疲労「秋バテ」とその対策

こんにちは。

大倉山鍼灸院のクマです。

 

朝晩はすっかりと涼しくなって

過ごしやすい季節になりました。

 

しかし、

・夏バテをなんとなく引きずっている。

・夏が終わったら急に疲れが出た。

・食欲の秋とは言うけれどあまり食欲がでない。

・なぜか気分が落ち込んでしまう。

etc.

f:id:shinqkuma:20181002143931p:plain

こんな感じ・・・。

 

・・・・ちょっとオーバーでした(笑)。

 

 そんな秋の慢性的な不調を感じている方、

それは「秋バテ」かもしれません。

 

というわけで、

今回は「秋バテ」を東洋医学で解説してみます。

 

夏から秋にかけて、

臓腑は「心」→「脾胃」→「肺」と移っていきます。

 

夏に汗を多くかくことで、

津液(体内の水分)と気(エネルギー)を消耗します。

このあたりから、「心」、「脾胃」が疲労し、

夏バテを生じます(夏バテのメカニズムは別途)。

 

脾胃が疲れたままで秋、つまり「肺」の季節になると、

肺もそのまま疲れを引き継いでしまいます。

(*五行論では脾胃は肺の母と言われます)

それにより、乾燥を嫌う肺が秋の乾燥に対抗できず

先述のような不調がおきるというわけなんです。

また、秋は憂いの季節とも言われ、気分も落ち込みがちです。

 

病気というほどでもないからとやり過ごしていると、

カゼやインフルエンザにもかかりやすくなったり

冬を乗り切るためのエネルギーがたりなくなったりと、

あまりよろしくありません。

 

そんな秋の不調をしっかり対策していきましょう。

 

対策ポイント

1、睡眠をしっかりとって夏の疲れを回復。

2、適度な運動で体力UPとストレス解消。

3、疲れを取るツボを押す。市販の台座灸でもOK。

  おススメ:

   湧泉(ゆうせん) ~ 足の裏、足指を曲げて人の字状の交点で最もくぼむところ

f:id:shinqkuma:20181002153731p:plain

4、脾胃と肺を養う食材を取り入れる。

  山芋、豆類、カボチャ、ニンジン、鶏肉、米、キノコ類 etc.

 

というわけで、

今回は「秋バテ」のメカニズムと対策について

書いてみました。

 

カゼなどひかず、冬を元気に乗り切れるよう、

秋バテをしっかり解消しておきましょう。

 

皆さま、快適な秋をお過ごしください。

 

 

 

大倉山鍼灸院の情報はコチラ

www.shinq-ookurayama.com

 

大倉山鍼灸院 営業部長 クマ

 

大日本プロレスを応援しています

こんにちは。

大倉山鍼灸院のクマです。

 

大倉山鍼灸院はこのたび

大日本プロレス様(大日本プロレス official website)より応援店の認定をいただきました。

 

f:id:shinqkuma:20180911144038j:plain

 

ああ見えて意外にも、院長先生はプロレス好きなのです。

大日本プロレス様の会場にも何度か行っているようです。

 

クマはというと、

どのチケットを買えばいいのかわからないので

いつもサムライTVで観戦してます。

蛍光灯飛んでくるし・・・。

 

それはさておき、

11月の両国大会のチケット特別割引券

お渡しできますので、

ご興味のある方はお気軽にお声をおかけください。

*数に限りがございます。ご希望の方はお早めにどうぞ。

 

 

 

大倉山鍼灸院の情報はコチラ

www.shinq-ookurayama.com

 

大倉山鍼灸院 営業部長 クマ

 

湿邪に負けない身体をつくる ~梅雨の養生~

こんにちは。

大倉山鍼灸院のクマです。

 

各地で梅雨を迎えています。

雨です。湿気です。ジメジメです。

そんな環境で湿邪(しつじゃ)が活発になります。

 

湿邪には、

重くてねっとりとまとわりつく性質があります。

 

それにより

気血の流れを停滞させ、

特に身体の下の方に溜まって

重だるく感じます。

足のむくみや冷えを引きおこします。

 

また、湿邪の影響を最も受けやすい臓腑は

脾胃(ひい)と言われています。

 

脾胃は消化吸収に加えて

体内の水分の循環に関与しています。

このため脾胃の不調により

消化不良、下痢、浮腫(むくみ)などの症状があらわれます。

 

つまり、脾胃の強化が、

湿邪に負けない身体づくりで重要になるわけです。

ポイントは2つ。

 

1、利尿と発汗で身体の水はけをよくします。

・利尿作用のある食材

 緑茶、アサリ、キュウリ、トマト etc.

・発汗作用のある食材

 ショウガ、ネギ、シソ etc.

 

2、湿邪に効果的なツボを押す

f:id:shinqkuma:20180607171726j:plain

陰陵泉:スネの骨の内側を膝の方向へさすっていって、カーブするところ。

 

三陰交:内くるぶしの頂点から指幅4本分上がったところ、スネの骨の内側のキワ。

 

足三里:膝の外側、お皿の下から指4本分下がった、いちばんくぼんでいる場所。向こうずねの外側。

 

場所は目安です。

その付近で押してみてつーんと感じるところをとってください。

強く押しすぎず、気持ちよいと感じる圧でゆっくりと。

 

薬局で市販されている

台座付きのお灸を置くのもおススメです。

これらのツボは夏バテにも効果的です。

 

また、この3点を冷やさないようにご注意を。

 

え?写真?

いつもの白抜きの人体図では

味気ないなということで、

深い意味はないですけど、

クマの足は毛むくじゃらなので

人間の写真をお借りしてきました。

 

なにはともあれ。

脾胃を養って、

湿邪に負けず、

快適な梅雨をお過ごしください。

 

 

大倉山鍼灸院の情報はコチラ

www.shinq-ookurayama.com

 

大倉山鍼灸院 営業部長 クマ